野球クロスロードBACK NUMBER

ヤクルト・田中浩康が浴びた大歓声。
定位置を失い、11年目のコンバート。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/04/14 10:30

ヤクルト・田中浩康が浴びた大歓声。定位置を失い、11年目のコンバート。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

尽誠学園高校時代から二塁を守り、甲子園にも出場した田中浩康。昨年は三塁、一塁などでも出場したが、今季からは本格的に外野手としてスタメンを争っている。

 4月8日。ヤクルト対中日の試合が始まる18時の東京の気温は4度を下回っていた。桜が満開を迎えている季節とは思えない寒さである。

 神宮球場を覆う寒気。それを、ひと振りで熱気に変えたのが、ヤクルトの田中浩康だった。

 1-1で迎えた延長10回、2死満塁のチャンスで6番の自分に打席が巡ってきた。田中が心境を述べる。

「もちろん回ってくると思っていました。(回の先頭打者が1番ならば)6番にいると2アウト満塁のケースで打席に入ることは多いですから。みんなが繋いでくれたチャンスなんでね、ファンも打ってくれと思ってくれただろうし、なんとか前に飛ばしたい気持ちで打ちました」

寒気の中で「温かいプレーを見せられた」サヨナラ打。

 1ボールからの2球目。浅尾拓也のストレートを捉え、鋭いゴロが三遊間を抜けた。チーム、そして自身としても今季初となるサヨナラ打。お立ち台に上がった田中は、寒空の中、球場に駆けつけたファンに向かって「みなさんに熱い……」とメッセージを伝えようとした。しかしその直後、状況を瞬時に察しこう言い直した。

「温かいプレーを見せられたと思います」

 ヒーローインタビュー後も、一塁ベンチからライトスタンドへの挨拶が終わるまで、ファンたちの「浩康コール」の大声援が止むことはなかった。

「浩康が帰ってきた」

 それは、チームとファンがずっと望んでいたことだし、誰よりも田中本人が、復活をアピールする日を待ちわびていたことだろう。

「もう、チャンスがあることが……あることがね、嬉しいです」

 田中は、感慨深げに言葉を絞り出した。

 プロ3年目の2007年にレギュラーに定着すると、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞1回。しぶとい打撃に繋ぎの意識、堅実な守備と、そのいぶし銀のプレーでヤクルトには欠かせない存在となっていた。

 しかしこの2年間、田中は不遇の時を過ごしていた。

【次ページ】 山田の台頭と自身の不調で失ったセカンドのポジション。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山田哲人
田中浩康
東京ヤクルトスワローズ
真中満

プロ野球の前後のコラム

ページトップ