松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

2番のイーグル、12番のチップイン。
松山が感じていた“幸運と必然”とは? 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/04/11 12:10

2番のイーグル、12番のチップイン。松山が感じていた“幸運と必然”とは?<Number Web> photograph by Getty Images

2番でマスターズ初となるイーグルを奪った松山英樹。首位のスピースと11打差の12位タイで決勝ラウンドを迎える。

好機を逃さずに、狙ったチップイン・バーディー。

 今こそ――。

 好機は12番でやってきた。アーメンコーナーのパー3。ショートアイアンで打ったティショットはグリーンの左手前に止まった。60度のウエッジで寄せた第2打は、そのままカップに入り、チップイン・バーディー。

 アウトサイドロープから見れば、2番のイーグルは松山が飛距離の優位性を生かして狙って達成したイーグルで、12番のチップイン・バーディーは「ラッキー」に見える。

 だが、松山自身の感じ方はその逆だった。2番のイーグルは「たまたま」で、逆に12番のチップインは狙ってモノにした獲物。

 だからなのだろう。彼は「12番のチップイン」とは言わず、「12番のバーディー」とだけ言った。そんな彼の言葉を反芻すれば、たとえチップだろうが、パットだろうが、この2打目を決めてバーディーを取ってやるぞと考えていた彼の姿勢が見えてくる。

「いいライだったんで、入るかなと思ったら入ったんで、良かった。(そこまでの9ホールの間)バーディーが全然来てなかったので、12番のバーディーは大きかった」

ようやく見せた笑顔が、松山のゴルフを活性化させた。

 ようやく見せた笑顔が松山のゴルフを活性化させた。続く13番でも1メートル半を沈めて連続バーディー。14番こそ短いバーディーパットを外したが、15番のパー5は2オン2パットでさらなるバーディー獲得。

 そう、「好機が12番でやってきた」のではなく、松山自身が「好機を12番で作り出した」と言うべきだろう。ロープの内側で戦いながら、どんな状況下でも冷静な判断ができ、我慢もできる。そして、虎視眈々と好機を狙い、モノにできる。

 それが、今の松山の姿だ。

 初日に2連続ボギーを喫した上がり2ホールでは、2日目もヒヤリとさせられた。17番は前日同様、ティショットを右に曲げ、この日もボギーを喫したが、ピン奥10メートルに乗せてしまった18番はファーストパットを2メートル半もオーバーさせながら、返しのパーパットを冷静に沈め、パーで締め括った。

【次ページ】 「内容は全然満足できるものではない。明日からは……」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
マスターズ
ジョーダン・スピース

ゴルフの前後のコラム

ページトップ