SCORE CARDBACK NUMBER

悩ましき“友”と歩んだ、自由人ナッシュの引退。
~NBA史に残る司令塔が抱えた執念~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/04/04 10:00

悩ましき“友”と歩んだ、自由人ナッシュの引退。~NBA史に残る司令塔が抱えた執念~<Number Web> photograph by Getty Images

かつて2季連続でシーズンMVPに輝いた功績は、後年カナダの選手の躍進に影響を与えた。

 クリエイティブでプロフェッショナル、アンセルフィッシュでありながらオリジナル――。3月21日に正式に現役引退を発表したスティーブ・ナッシュを描写するときに使われる言葉だ。

 それらのどれもが彼をよく表しているが、さらに加えたいのが“自由人”だ。コート上では既存の型にはまらない自由自在なプレー・スタイルを築きあげ、コート外でも、いつも本音をストレートに発していた。その自由奔放な姿が、見ていて小気味よかった。

 そんなナッシュが引退に関して語った中に、印象的な言葉があった。選手としての彼を駆り立てていたのは、彼の中の“オブセッション”(執念、強迫観念)だったというのだ。ずっと付き合ってきたその感情を親友に喩え、「いつもその“友”と話し、応援し、喧嘩し、叩きのめされてきた」と振り返る。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

スティーブ・ナッシュ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ