スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

混戦の予感と収穫期を迎えた若手。
~MLB、2015年の順位大予想~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/04/04 10:30

混戦の予感と収穫期を迎えた若手。~MLB、2015年の順位大予想~<Number Web> photograph by Getty Images

マーリンズに移籍し、例年以上に野球を楽しんでいるように見えるイチロー。ジャンカルロ・スタントンら若手外野手陣と共に波乱を起こし、ポストシーズン進出を果たすことが出来るか。

 2015年の大リーグが幕を開ける。4月5日(日曜日)のオープニング・ゲームは、カーディナルス対カブス(同じ古豪対決なら、ドジャース対ジャイアンツを見たかったが)。6日の月曜日には、マックス・シャーザー、クレイトン・カーショー、マディソン・バムガーナー、コーリー・クルーバー、フェリックス・ヘルナンデス、田中将大らが早くもマウンドに登る。胸が躍るではないか。

 というわけで、まずは春季トレーニングの勝敗数(4月1日現在)を見てみよう。

 フロリダではメッツとブルージェイズが強かった(ともに18勝12敗)。以下は、パイレーツ、レッドソックスとつづき、ナ・リーグ本命のナショナルズは15球団13位の成績(10勝15敗)だった。マーリンズは14勝12敗で7位。

 一方のアリゾナでは、アスレティックスが首位に立った(21勝9敗)。つづいて、ロイヤルズ、ドジャース。ア・リーグ最大の注目株インディアンスは13勝16敗で15球団中10位。マリナーズは11勝17敗で13位。

 ま、オープン戦の成績はあてにならない。本気で勝ちにいくチームはないし、目的はあくまでも調整だ。全敗でもしないかぎり、ここでの結果を気にすることはない。ただ、ここで急成長する選手が出てくるから、眼を離すわけにはいかない。今年はドジャースのフリオ・ユリアス(18歳)というメキシコ出身の左腕投手が注目された。メジャー昇格は時期尚早だが、もし年内に実現すれば話題を呼ぶにちがいない。

各地区の順位を予想してみると……?

 では、レギュラーシーズンの順位はどうなるだろうか。見どころを分析する前に、まずは予想一覧表を作成してみよう。

<ア・リーグ東地区>
1)  レッドソックス
2)  ブルージェイズ
3)  オリオールズ
4)  ヤンキース
5)  レイズ

<ア・リーグ中地区>
1)  インディアンス
2)  ホワイトソックス
3)  タイガース
4)  ロイヤルズ
5)  ツインズ

<ア・リーグ西地区>
1)  マリナーズ
2)  エンジェルス
3)  アスレティックス
4)  アストロズ
5)  レンジャーズ

<ナ・リーグ東地区>
1)  ナショナルズ
2)  マーリンズ
3)  メッツ
4)  ブレーヴス
5)  フィリーズ

<ナ・リーグ中地区>
1)  パイレーツ
2)  カーディナルス
3)  カブス
4)  ブルワーズ
5)  レッズ

<ナ・リーグ西地区>
1)  ドジャース
2)  パドレス
3)  ジャイアンツ
4)  ダイヤモンドバックス
5)  ロッキーズ

【次ページ】 ポストシーズンも予想すると、WS制覇は?

1 2 NEXT
イチロー
ジャンカルロ・スタントン
マックス・シャーザーズ
クレイトン・カーショー
マディソン・バムガーナー
コーリー・クルーバー
フェリックス・ヘルナンデス
セントルイス・カージナルス
シカゴ・カブス
ロサンゼルス・ドジャース
サンフランシスコ・ジャイアンツ
クリーブランド・インディアンス

MLBの前後の記事

ページトップ