SCORE CARDBACK NUMBER

「マイペース男」有原航平の計り知れないスケール。
~日本ハム・ドラ1右腕の本質とは?~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/04/02 10:00

「マイペース男」有原航平の計り知れないスケール。~日本ハム・ドラ1右腕の本質とは?~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

広陵高では3年春にセンバツベスト4。早大時代は通算19勝12敗、防御率2.72の成績。

 感情が見えない。何があっても動じない。淡々と投げ続ける。それはピッチャーにとってはとてつもない武器になる。ファイターズのドラフト1位、有原航平は、そんなタイプのピッチャーだ。有原はこんな話をしていた。「そこは意識しています。普通にやったほうがいい結果が出ますからね」

 見ようによっては斜に構えているふうにも映る。だから大学時代の有原は誤解されることが多かった。4年の秋、右ヒジの炎症が治まらず、開幕戦の登板を回避。優勝が懸かった早慶戦でも無理をしてまで先発せず、リリーフに回った。そんな有原に対してドラフト直前、各球団のスカウトの間ではヒジの状態のみならず、「意気に感じるところが見えない」「マイペースが過ぎる」と疑問の声が飛び交った。しかし、有原を担当していた大渕隆スカウトディレクターはこう話す。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

羽生結弦 不屈の魂。~Figure Skating 2014-2015~

関連記事

北海道日本ハムファイターズ
有原航平
栗山英樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ