サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

最終予選進出も課題山積のU-22。
「オレが決めてやる」選手の不在。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/01 12:20

最終予選進出も課題山積のU-22。「オレが決めてやる」選手の不在。<Number Web> photograph by AFLO

多くの代表選手を輩出してきた鹿島アントラーズで、20歳にしてスタメンを張る植田直通。186cmの恵まれた体格に加えスピードも併せ持ち、早くもA代表入りが期待される選手である。

守備陣の安定感と、遠藤の成長に希望の光が。

 課題山積だが、収穫もあった。

 まず、3試合を無失点で抑えた最終ラインを含め、守備は安定していた。攻撃陣とは対照的にセンターバックの植田直通と岩波拓也はそれぞれクラブでレギュラーとしてプレーしており、サイドバックの山中亮輔、安在和樹、松原健もコンスタントに試合に出ている。ボランチの遠藤と大島僚太はバリバリのレギュラーだ。そのせいか、みな一様に落ち着いてプレーしており、守備面の修正課題はあるものの、まだ伸び代があるように見えた。

 選手個人では、唯一3試合スタメン出場したキャプテン遠藤の成長が大きい。3試合スタメンで出場できたのは、日頃からコンディションの管理がしっかり出来ているからであり、また試合出場への意欲が高く、気持ちが強いからでもある。キャプテンシーもあり、遠藤をチームの軸に置くことができたのはチームにとって大きなプラスだ。

 マレーシア戦後、手倉森監督は攻撃の選手たちにこう言ったという。

「仕留めないといけない時、仕留めることができないと(代表から)外されるぞ」

 叱咤というよりも最後通告に聞こえるが、果たして、1次予選のメンバーから何名が最終予選に生き残り、どんな新しい選手が出てくるのだろうか。個人的には岡崎慎司や本田のように「オレが決めてやる」という気持ちが見える選手の登場を期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
手倉森誠
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ