フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦SPトップで二連覇見えた!
ただし、来季の出場枠は大ピンチに。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/03/28 12:15

羽生結弦SPトップで二連覇見えた!ただし、来季の出場枠は大ピンチに。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

「(SPでは)ひとつひとつ、楽しんできました」「フリーの方が滑り込んできたので自信があります」と二連覇へ向けての手応えを語っていた羽生。

音楽トラブルのあったデニス・テン。

 3位は、「カルーソ」のメロディでドラマチックな演技を見せたデニス・テンだった。演技開始をしようとしたとき、音楽が途中からはじまってしまいやり直しをすることに。集中力が切れたのか、冒頭の4回転トウループで転倒し、激しく氷の上に叩きつけられた。だが持ち直して3アクセル、後半で3ルッツ+3トウループを跳んで85.89を獲得。

「音楽のことは、びっくりしたけれど良い学びの体験になった。(優勝した)四大陸選手権でいったんピークを迎えた。そのレベルを保ちたかったけれど、そういう出だしにはならなかった。明日はもっと良い滑りを見せたい」とコメントした。

 4位はベテランのセルゲイ・ボロノフ、5位は地元の観客の盛大な声援に臆することなく伸び伸びと滑ったハン・ヤンだった。

日本男子は、世界選手権の3枠を保てるか?

 明日のフリーでは、来年の世界選手権枠がかかっている。

 トップ2選手の順位の合計数が13位より小さくなくては3枠を保つことはできない。羽生がこのまま優勝したとしても、2人目は12位以上に上がってこなくてはならない。

 現在小塚が19位、無良が23位。いずれも実力のある選手なので、普段通りに滑ることができればまったく問題はない。だがこのプレッシャーの中で普段通りの滑りを見せることができるかどうか、競技者としての真価が問われるところとなる。

 日本男子に訪れた思いがけない試練。手に汗を握る試合になりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
羽生結弦
無良崇人
小塚崇彦
ハビエル・フェルナンデス
デニス・テン
ハン・ヤン
セルゲイ・ボロノフ

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ