SCORE CARDBACK NUMBER

真の“ミスター・サンダー”、コリソンの篤実さ。
~デュラントを支えるNBAの名脇役~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/02/19 10:00

真の“ミスター・サンダー”、コリソンの篤実さ。~デュラントを支えるNBAの名脇役~<Number Web> photograph by Getty Images

1チームでプレーし続けているドラフト同期の選手は、ヒートのドウェイン・ウェイドのみ。

“ミスター・サンダー”と聞いて、オクラホマシティ・サンダーのどの選手を思い浮かべるだろうか。おそらく大半の人がケビン・デュラントを、それ以外の人はラッセル・ウェストブルックの名前をあげるのではないだろうか。しかし、当のデュラントに言わせると、その称号はベテランの脇役、ニック・コリソンにこそふさわしいのだという。

 2月3日、サンダーとコリソンが2年750万ドルの契約延長に合意すると、デュラントはツイッターで「ミスター・サンダー、おめでとう。あなたと共にプレーできて誇りに思います」と祝福した。

 コリソンは、8年近く前、デュラントがチームに入った時からいる唯一の選手だ。サンダーの前身のソニックス時代に5年、オクラホマシティに移転し、サンダーとなって7年、今季で12シーズン目。NBA全体でも、新人の時から10年以上ひとつのチームで過ごしているのはわずか9人しかいない。そのうちの一人だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 527文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ヒロインを探せ!~2015►2020~

Sports Graphic Number 872

ヒロインを探せ!
~2015►2020~

 

関連記事

オクラホマシティ・サンダー
ニック・コリソン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ