SCORE CARDBACK NUMBER

ホークス快進撃を導いた、“スパーズ流”の指導者。
~名参謀ブーデンホルザーの挑戦~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/02/05 10:00

ホークス快進撃を導いた、“スパーズ流”の指導者。~名参謀ブーデンホルザーの挑戦~<Number Web> photograph by Getty Images

破竹の勢いのチームを統率するブーデンホルザーは、今シーズンからGMも兼任している。

“スパーズ東支部”と呼ばれるチームがある。アトランタ・ホークスだ。チームを率いるのは、サンアントニオ・スパーズで長年アシスタント・コーチを務めていたマイク・ブーデンホルザー。名前を聞いてわからなくても、グレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチの隣にいたキューピー顔の人と言えば、思い出す人もいるのではないだろうか。

 昨季からホークスのヘッドコーチに就任し、元スパーズのダニー・フェリーGM(現在は人種差別発言で停職中)と共にスパーズ流を取り入れたチーム作りを進めてきた。2年目の今季はチーム全体に考え方が浸透してきたことがコート上からうかがえる。基本に忠実で、1人のスターに頼らずにチームで戦うスタイルは確かにスパーズに通じるところがあり、対戦相手からも「まるでスパーズ」との声が聞こえてくる。成績も37勝8敗で東の首位、フランチャイズ最長記録の16連勝中(1月27日現在)と、スパーズ基準だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 531文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジャパンクライシス~日本サッカーはなぜ弱くなったのか~

関連記事

サンアントニオ・スパーズ
アトランタ・ホークス
マイク・ブーデンホルザー
グレッグ・ポポビッチ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ