SCORE CARDBACK NUMBER

ホンダ参戦の今シーズン、4メーカーの戦略を読む。
~PU2年目のF1、競争のポイントは~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/02/17 10:00

ホンダ参戦の今シーズン、4メーカーの戦略を読む。~PU2年目のF1、競争のポイントは~<Number Web> photograph by AFLO

昨季ドライバーズ選手権を圧倒的な強さで制したハミルトン(左)は新車W06で連覇を狙う。

 今季はレース数が'12年と同じく最多20戦となり、パワーユニット(PU)供給メーカーもホンダ参戦で4社に増えた。一方、エントリーは9チームに減少する公算が大きい(1月29日時点)。実績あるコンストラクターばかりで「少数精鋭化」が進み、グリッドに並ぶニューマシンは減っても、レースそのものの“スポーツ性”は高まると思われる。

 '14年に導入された1600cc直噴V6ターボ+エネルギー回生システムのPUも2年目。いち早く開発に着手してきたメルセデスが昨季19戦16勝で席巻したのはご存じのとおりだ。完敗したルノー、フェラーリ陣営はオフに許された“部分開発”に没頭。いくつかのコンポーネンツを一新してきた(FIAはPUの約48%まで段階的変更を承認)。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

フェラーリ
メルセデスAMG
レッドブル
トロロッソ
ルノー
ウイリアムズ
フォース・インディア
ロータスF1チーム

F1の前後のコラム

ページトップ