F1ピットストップBACK NUMBER

憧れのセナに並ぶ3回目の王座獲得。
ハミルトンの知られざる「ある記録」。

posted2015/11/01 10:30

 
憧れのセナに並ぶ3回目の王座獲得。ハミルトンの知られざる「ある記録」。<Number Web> photograph by AFLO

チェッカー後のパルクフェルメで、クルマを停めるなり、ハミルトンは大ジャンプで喜びを表現した。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

AFLO

 父アンソニーが運転する車でイギリス各地のサーキットを転戦しながらレースをしていたころ、ハミルトンがアンソニーと常に口ずさんでいた歌がある。それは『We Are The Champions』だ。

「僕がカートを始めたとき、テレビでF1を見ていたら、とんでもないドライバーがいたんだ。アイルトン・セナだよ。そのときから、いつの日か彼のような偉大なチャンピオンになりたいって、強く思うようになった。そしてそのためなら、どんな努力も惜しまないってね」

 それから約20年の歳月が流れ、ハミルトンは子供のころからの夢を叶えるために、ハードルをひとつひとつクリアしていった。

 セナがタイトルを獲得したマクラーレンからF1にデビュー。2008年には初めてタイトルを獲得した。昨年は2度目のタイトルを獲得。今年の日本GPでは、セナが持つ歴代優勝回数にも並んだ。

「セナはヒーローだから、僕にとっては特別」

 しかし、ハミルトンの夢は完結していなかった。それはセナと同じくチャンピオンに3度輝くことだった。

「もちろん、3回チャンピオンになったドライバーはほかにもいるし、彼らのことも尊敬している。でもセナは子供のときからのヒーローだから、僕にとっては特別なんだ」

 チャンピオンシップに王手をかけてアメリカGPに臨んだハミルトン。2位以下とは大きな差があり、残り4戦でハミルトンがタイトルを手中に収めるのは時間の問題だった。しかし、史上最大級の勢力といわれたハリケーン「パトリシア」が北米大陸に接近したため、週末は天候が大きく荒れ、難しい一戦となった。

 グランプリ初日となった金曜日のフリー走行2回目は、落雷によってコース係員の安全が確保できないとして約1時間の遅延。その後、天候悪化によって医療用ヘリコプターの離発着ができなくなったために、セッション自体が中止となった。さらに荒天となった2日目は予選が開催できない事態となり、日曜日に延期された。

【次ページ】 無理をする必要は全くないレースだったが……。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルイス・ハミルトン
アイルトン・セナ

F1の前後のコラム

ページトップ