フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ゴールドは敗れ、J・ブラウンは初優勝。
全米フィギュア選手権、注目の結果に。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/01/30 11:00

ゴールドは敗れ、J・ブラウンは初優勝。全米フィギュア選手権、注目の結果に。<Number Web> photograph by Getty Images

全米選手権で、すべての演技が終わり最終スコアを待つ3人。左から金メダルのアシュリー・ワグナー、銀のグレイシー・ゴールド、銅のカレン・チェン。

 カナダ選手権と同時期にノースカロライナ州グリーンズボローで開催された全米選手権。女子はアシュリー・ワグナーが2年ぶり、3度目となる優勝を決めた。

ベテランの意地を見せた23歳のワグナー。

 昨シーズンの全米選手権では4位に終わるもソチ五輪代表に選ばれ、様々な物議を醸したワグナー。だが今シーズンの彼女の全米タイトルに異議を唱えるものは、誰もいなかった。フリーでは3ルッツ+3トウループを含む3回転を合計7回ノーミスで決めてみせ、ベテランらしい存在感で圧勝した。

 このところ、華やかなグレイシー・ゴールドに圧倒されて注目度が下がっていたワグナーだったが、ギリギリで進出したGPファイナルではロシアの若手に混じって3位と健闘。そうやすやすとは引き下がらない、アスリート魂を見せつけた。

疲労骨折から回復したばかりのゴールド。

 昨年の12月、左足の疲労骨折でGPファイナルを棄権したグレイシー・ゴールドはまだ本調子ではないのか、SP、フリーともにジャンプミスが出て2位だった。ジャンプ、スピンなど、どの技の質を見てもスケーターとして抜きん出た天性に恵まれている19歳のゴールド。だが競技者としての強さを身に付けて行くことが、今後の課題となる。

 3位にはまだ15歳の新人カレン・チェン、4位はポリーナ・エドモンズだった。

 ワグナーは世界選手権に集中したいと希望し、四大陸選手権はゴールド、エドモンズ、そしてサマンサ・セサリオの3人が出場。この中で日本選手の表彰台独占を阻むのは、誰になるだろうか。世界選手権にはワグナー、ゴールド、そしてエドモンズが派遣される。チェンは世界ジュニア選手権に出場する。

【次ページ】 新チャンピオン、ジェイソン・ブラウン。

1 2 3 NEXT
アシュリー・ワグナー
グレイシー・ゴールド
カレン・チェン
ポリーナ・エドモンズ
ジェイソン・ブラウン
サマンサ・セサリオ
アダム・リッポン
ジョシュワ・ハリス
マックス・アーロン
ジェレミー・アボット
マディソン・チォーク
エヴァン・ベイツ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ