スポーツ百珍BACK NUMBER

選手権ベスト4進出の流通経済大柏。
練習時間の短縮が生んだ意識改革。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/01/09 16:30

選手権ベスト4進出の流通経済大柏。練習時間の短縮が生んだ意識改革。<Number Web> photograph by KYODO

全国でも有数の激戦区である千葉県予選を勝ち抜き、選手権でも強さを見せている流通経済大柏。選手権の優勝は2007年度のみ。2度目の戴冠なるか。

サッカーは最長120分で勝敗を決める競技である。

 考えてみれば、サッカーは90分間、延長戦を戦ったとしても最長120分間で勝敗が決する競技である(高校選手権は準々決勝まで80分制)。漫然と長時間にわたって練習に取り組むよりも、サッカーの試合を想定した時間の中で濃度の高いトレーニングを行なう方が、一つひとつのプレーへの集中力なども鋭く磨かれていくのではないか。

 そう考えると、流通経済大柏にとっては“短い時間の中で最大限の結果を出す”という思考に切り替えたことこそ、本田監督のドルトムント視察から得た一番のプラス要素だったように感じる。

 部員数は高校によってまちまちなため、2時間台が最適な練習時間と定義づけるのは短絡的だとは思う。ただ、流通経済大柏が練習を見直したことによって生まれた効率性、それによって選手たちが現在見せているたくましい戦いぶりは、示唆に富んだものである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

本田裕一郎
流通経済大柏高校
市立船橋高校
ドルトムント

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ