濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

ヒクソンの次男クロンがMMAデビュー。
グレイシーを背負う“業”の重み。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/12/28 10:50

ヒクソンの次男クロンがMMAデビュー。グレイシーを背負う“業”の重み。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

課題とされていたスタンドの技術は結局未知数のままだった。これからどんな相手と戦っていくのだろうか。

「自分がグレイシーであることはプレッシャー」

 何があっても最後には一本を取る。クロンのファイトスタイルとルール変更要求からは、そんな古風な“格闘思想”が透けて見える。それを、グレイシー一族としての責任に自覚的だと言い換えることも可能だろう。

「自分がグレイシーであることがプレッシャーにならないと言ったら嘘になる。でも、それは期待されているということでもあるし、サポートもしてもらえる。プラスの面だってあるんだ」

 試合後のクロンはそう語った。デビュー戦でメインイベントを務めたことは「僕にとって宝物だよ。普通の試合より勉強になるからね」とも。

 クロンの入場テーマ曲は、ヒクソンが使っていた『砦の戦い』ではなかった。同じ『ラスト・オブ・モヒカン』に収録された別の曲なのだという。その距離感が“現代のグレイシー”らしいという気がする。クロンはヒクソンではないし、無敗の幻想をまとうのは現代では難しいだろう。それでも彼は、グレイシーとして闘うのだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
クロン・グレイシー
ヒクソン・グレイシー

格闘技の前後の記事

ページトップ