オリンピックへの道BACK NUMBER

海老沼を倒し、世界一の高校2年生。
柔道66kg級・阿部一二三の快進撃。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/21 10:50

海老沼を倒し、世界一の高校2年生。柔道66kg級・阿部一二三の快進撃。<Number Web> photograph by AFLO

日本屈指の激戦区、66kg級で一躍時の人となった阿部一二三。twitterでは高校生らしい一面をのぞかせ、練習風景や彼女とのやりとりなどがつぶやかれている。

 柔道界に、鮮やかに現れた期待の星がいる。

 66kg級の阿部一二三である。

 阿部は現在高校2年生だが、その勢いはとどまるところを知らない。

 8月はじめの全国高校総体をオール一本勝ちで優勝すると、同月のユースオリンピックでも、すべて一本勝ちで金メダル。

 20歳以下で争われる9月の全日本ジュニア選手権でも優勝。世界ジュニア選手権日本代表に選ばれ、銀メダルの成績を残して迎えた11月の講道館杯でも優勝を収めた。同大会を高校3年生で制した男子は過去3名いたが、高校2年生での優勝は初めてのことだった。ちなみに高校3年生で優勝したのは73kg級の高松正裕、100kg級の鈴木桂治と石井慧と、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。

第一人者・海老沼匡に押し込まれるも……。

 その勢いが買われ、阿部は12月上旬グランドスラム東京の日本代表に選ばれる。

 初戦を勝ち上がった阿部は、準々決勝で今年夏の世界選手権銅メダリスト、ザンタラヤ(ウクライナ)から技ありを奪って勝利。準決勝ではロンドン五輪銅メダル、世界選手権3連覇中の海老沼匡との対戦となった。

 まさに相手は第一人者である。開始早々に有効を奪われ、直後に指導も受け、やはり世界の頂点との差を思い知らされるかに思われた。

 だが、すぐに流れは変わった。阿部は持ち味である接近しての戦いを挑む。積極的に前に出ると、残り46秒で返し技をしのいで大内刈で技ありを奪って逆転。その後も守勢にまわることなく海老沼に勝利した。

 試合開始直後は海老沼の強さを感じ取り「様子を見てしまった」という。それでも「このままでは勝てないと思い」、本来の前へ出る姿勢を取り戻した阿部。それが逆転につながった。

 続く決勝でも、ポラック(イスラエル)から有効を奪い、相手に隙を与えず優勝。この大会を高校生で制したのは、男子では初めてのことだった。

【次ページ】 接近する迫力、そして豪快な投げ。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阿部一二三
海老沼匡
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ