濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

ヒクソンの次男クロンがMMAデビュー。
グレイシーを背負う“業”の重み。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/12/28 10:50

ヒクソンの次男クロンがMMAデビュー。グレイシーを背負う“業”の重み。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

課題とされていたスタンドの技術は結局未知数のままだった。これからどんな相手と戦っていくのだろうか。

 12月23日、有明コロシアムで行なわれた新大会『REAL 1』は、MMAデビュー戦の選手がメインイベントに登場するという異例の大会だった。

 だが、そこに出場した“新人”にふさわしいポジションは、メインイベントしかないのもまた確かだ。クロン・グレイシー。“400戦無敗”として知られるヒクソン・グレイシーの次男である。

 組み技世界大会アブダビ・コンバットでオール一本勝ちでの優勝を飾り、青木真也とのグラップリング・ワンマッチではフロントチョークでタップを奪うなど輝かしい実績を収めてきたクロン。彼との契約に成功したことが、『REAL 1』旗揚げのきっかけだったという。

ヒクソン「父親としては、彼のことを守りたい」

 旗揚げ戦までの道のりは、決して平坦ではなかった。最初の記者会見が行なわれたのは5月のこと。旗揚げ戦は夏に開催されるという話もあったが、12月にずれ込んだ。トップファイターの多くがUFCと契約し、日本国内でもプロモーションがひしめいている現状では、豪華なカードを並べることも不可能だった。

 クロンの対戦相手選びも難航している。何人かのビッグネームが噂されたものの、最終的に決定したのは韓国のレスリング王者キム・ヒョンスだった。

 やはりMMAデビュー戦の選手である。記者会見で「MMAではデビュー戦だから、まずはレベルに見合った選手と闘って慣れていくことが必要。父親としては、彼のことを守りたいという気持ちも少しあるね」と語ったヒクソンが慎重になったのかもしれない。

【次ページ】 大会前日にまたも起こった、グレイシー特有の事件。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クロン・グレイシー
ヒクソン・グレイシー

格闘技の前後のコラム

ページトップ