SCORE CARDBACK NUMBER

苦境を越え達観した老兵、ピアスの新天地での役割。
~ウィザーズをNBA王者に導けるか~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/12/24 10:00

苦境を越え達観した老兵、ピアスの新天地での役割。~ウィザーズをNBA王者に導けるか~<Number Web> photograph by Getty Images

かつての愛称「THE TRUTH」そのままに、ウィザーズで誠実なプレーを続けている。

 思えばポール・ピアス(ワシントン・ウィザーズ)のNBA人生は、'08年に優勝したこと以外は、思い通りに行かないことの連続だった。上位指名を期待していたNBAドラフトでは、結局10位まで待たされた。しかも、ロサンゼルスでレイカーズ・ファンとして育った彼を指名したのは、よりによって憎きボストン・セルティックスだった。

 それでも伝統あるチームの一員として誇りを持つようになり、骨を埋める覚悟で低迷期も支えたが、引退が近づいた'13年、再建計画にあわないとブルックリン・ネッツにトレードされた。1シーズン後の'14年夏にFAになると、親友のケビン・ガーネットと共に残留して戦い続けようとしたが、サラリー削減を考え始めたネッツからは契約のオファーもなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

羽生結弦~2014-15 フィギュアスケート~

関連記事

ワシントン・ウィザーズ
ポール・ピアース

バスケットボールの前後の記事

ページトップ