SCORE CARDBACK NUMBER

今宮健太が体感したメジャーの“エグさ”。
~三遊間深くのノーバン送球を磨け~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/12/02 10:00

今宮健太が体感したメジャーの“エグさ”。~三遊間深くのノーバン送球を磨け~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

日米野球でも守備範囲の広さをみせた今宮。沖縄での親善試合では、同点適時打も放った。

 侍ジャパンの背番号2は首をかしげて、こう言った。

「エスコバルのことをずっと見てるんですけど、凄さがまだよくわからないんです。打球が三遊間の深いところに飛んでないこともあると思いますけど……」

 日米野球、第3戦の試合前のことだ。今宮健太は、MLBオールスターのショートを守るロイヤルズのアルシデス・エスコバルの動きをつぶさに追っていた。しかし第2戦まで、エスコバルの動きは今宮の期待には応えてくれなかった。

「思ったよりもスタートも良くないし、守備位置が思ったよりも浅いんです。なぜかな。なぜなんですかね?(笑)」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 657文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ザックジャパンの遺産。~「通訳日記」で読み解く14の教訓~

関連記事

今宮健太
アルシデス・エスコバル

プロ野球の前後の記事

ページトップ