SCORE CARDBACK NUMBER

日本代表の救世主は、J2経由のレフティたちか。
~湘南、千葉、磐田の“隠れた逸材”~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/11/28 10:00

日本代表の救世主は、J2経由のレフティたちか。~湘南、千葉、磐田の“隠れた逸材”~<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

1989年生まれの丸山は今季、FC東京から湘南に期限付き移籍。41試合に出場し2得点とチームのJ1昇格に大きく貢献した。

 左利きの人材不足。6試合で選手の見極めが行われた日本代表にあって、指揮官はこの問題に頭を悩ませているのではないだろうか。

 アギーレは恐らく左センターバック(以下、左CB)、左サイドバック(同、左SB)、左インサイドハーフ(同、左MF)に左利きを求めている。J1でほとんど実績のない坂井達弥を左CBに抜擢したのが、それを物語る最たる例だ。また、本来FWの田中順也を左MFで起用したのも、そうした理由からだろう。

 実際、左サイドに左利きを置く効果は見逃せない。ザッケローニ時代を振り返っても、(右利きながら)左にボールを持ち出し、そのまま左足でフィードできる今野泰幸が左CBに入ると、攻撃はスムーズにスピードアップした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ザックジャパンの遺産。~「通訳日記」で読み解く14の教訓~

関連記事

湘南ベルマーレ
丸山祐市
三竿雄斗
ジェフユナイテッド千葉
ジュビロ磐田

Jリーグの前後の記事

ページトップ