濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

WBCムエタイ世界王座で快挙達成!
“緑のベルト”を日本人が巻く意義。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/11/24 10:40

WBCムエタイ世界王座で快挙達成!“緑のベルト”を日本人が巻く意義。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

大和哲也は1987年生まれの26歳。2010年にK-1の63kgトーナメントで優勝を果たし、早くから将来が嘱望されていた。

外国人王者は、ムエタイが国際化したことの証。

 もしかすると、タイ側には今回の2連敗に不服な関係者がいたかもしれない。タイで行なわれる試合では、ダウンがなければ1・2ラウンドは10-10にすることがほとんど。つまり梅野の50-45はありえない。レフェリー、ジャッジはすべて日本人。コンディション作りも含め、タイでの試合であれば違う内容、違う結果になる可能性もあっただろう。

 しかし、これはルンピニースタジアムやラジャダムナンスタジアムでの試合ではなく、WBCムエタイのタイトルマッチなのだ。審判団はWBCの公式資格を持っているし、採点基準もタイのようなミドルキック、ヒザ重視ではない。

 もちろん、タイ人の技術や勝負強さはいまだ世界最高峰だ。一方で、ムエタイはタイだけで行なわれるものではなくなってもいる。WBCムエタイのベルトは、その象徴。ムエタイの牙城とも言える軽量級で二人の“外国人王者”が誕生したことは、この競技が世界に広まったことの証明でもあるはずだ。国籍に関係なく、大和と梅野は“ムエタイ戦士”として強かったのである。

関連記事

BACK 1 2 3
大和哲也
梅野源治
ジョムピチット・チュワタナ

格闘技の前後の記事

ページトップ