SCORE CARDBACK NUMBER

重圧も骨折もはね除け、優勝を掴んだ鈴木博昭の覚悟。
~シュートボクシング界の“怪物くん”~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/12/13 10:30

重圧も骨折もはね除け、優勝を掴んだ鈴木博昭の覚悟。~シュートボクシング界の“怪物くん”~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

「ラストチャンスだと思って臨んだ」と語った鈴木。最後まで諦めずTKO勝ちを収めた。

 1回戦で足の指が2本も折れていたにもかかわらず、その異変に気づいたのは準決勝の試合中だった。それだけ副腎からアドレナリンが分泌されていたということか。立ち技総合格闘技シュートボクシング2年に一度のビッグイベント「S-cup 65kgワールドトーナメント2014」(11月30日・両国国技館)は、鈴木博昭の優勝で幕を閉じた。

 マッチョな身体とこの階級では規格外のパワーで“怪物くん”と呼ばれる存在だ。だがそれはウエートで作ったものではない。打撃、投げなどシュートボクシングの技術をジムワークで磨いているうちに培ったマッスルなのだ。周囲の期待に応えるように、昨年11月のS-cup日本トーナメントでは見事優勝を果たした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 624文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Face of 2014~写真で振り返る2014年総集編~

関連記事

鈴木博昭
イ・ソンヒョン

格闘技の前後の記事

ページトップ