SCORE CARDBACK NUMBER

ムエタイ戦士の優勝で幕を開けた新たなK-1。
~軽量級トーナメントから復活を~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/11/23 10:30

ムエタイ戦士の優勝で幕を開けた新たなK-1。~軽量級トーナメントから復活を~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

10月に父親を亡くしたばかりだったゲーオは、試合後「優勝を父に捧げたい」と語った。

 かつて一時代を築いたK-1が新体制で復活。11月3日、東京国立代々木競技場第二体育館で『K-1 WORLD GP2014~-65kg初代王座決定トーナメント~』を開催した。

 すでにアマチュア大会はK-1の新たな拠点であるGENスポーツパレス(旧スポーツ会館)を中心にスタート。2年ぶりにK-1甲子園も復活させ、今大会ではその決勝戦も行なった。来年は1月18日の-60kg初代王座決定トーナメントを皮切りに4度大会を開催する予定だ。

 再スタートとなった今回の世界トーナメントを制したのは、過去9年間に渡り日本人キックボクサーを相手に11戦無敗というレコードを持つゲーオ・フェアテックス(タイ)だった。勝因は攻防が一体化されたクレバーな闘い方に尽きる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 614文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

BASEBALL FINAL 2014

Sports Graphic Number 865

BASEBALL FINAL 2014

 

関連記事

ゲーオ・フェアテックス
久保優太
山崎秀晃
左右田泰臣

格闘技の前後の記事

ページトップ