テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭、過去3戦全敗のマリーに完勝。
「違う自分になったと思い込んだ」 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/11/10 11:15

錦織圭、過去3戦全敗のマリーに完勝。「違う自分になったと思い込んだ」<Number Web> photograph by Getty Images

初体験のツアーファイナル、大会の開幕戦となる独特の雰囲気、そして幻想的な演出。それでも錦織圭のテニスが揺らぐことはなかった。

マリーのセカンドサーブを果敢に攻める展開。

 しかし、互いに一度ずつサービスゲームを落として迎えた3-3あたりから、錦織の展開が積極的になった。マリーのバックハンドを徹底的に攻め、甘くなった返球を仕留める。鋭さを欠く相手のセカンドサーブを上からたたく。5-4で迎えた相手のサービスゲームで2度目のブレークを成功させ、第1セットを先取した。

 第2セットは4-2のリードを守れず追いつかれたが、気落ちせず踏み止まって、第1セット同様、5-4から相手のサービスゲームをブレークした。相手のセカンドサーブを積極的に攻め立てる、この試合の錦織を象徴するようなゲームだった。

「最初はサーブがまったく入らず苦しんだが、第1セットの後半はサーブもよくなり、すぐにブレークバックもできた。グラウンドストロークの調子がよかったので、自分から攻めていけた」

 錦織は、冷静に難敵からの初勝利を振り返った。

「違う選手になったと自分で思い込んでやっていた」

 マリーはセカンドサーブ時のポイント獲得率が27%、バックハンドのミスも多く、終始、調子が上がらなかった。とはいえ、以前の錦織ならのらりくらりとした相手の試合運びに「ハマってしまう」可能性もあっただろう。それが四大大会の優勝経験もある選手の怖さだ。しかし今の錦織には、勝つべき相手に確実に勝つ強さがある。

 試合後の会見で錦織は「まだ勝っていない相手なので、苦手意識はあった」と打ち明けた。そして、すぐにこう続けた。

「今年は違う選手になったと、自分で思いこんでやっていました」

 敗れたマリーの言葉が、この1年の錦織の進化を裏書きする。

「(これまでの対戦時と)テクニックに大きな違いはないが、自信を持ってプレーしている。だから、より多くのチャンスをつかむことができるし、以前より少し攻撃的にできている」

 調子の上がらないマリーからの初勝利は、必然だったとも言える。より堅固になった自信を携え、錦織はラウンドロビンの残り2試合に挑む。準決勝進出が、より現実的な目標として、見えてきた。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2
錦織圭
アンディ・マリー

テニスの前後の記事

ページトップ