SCORE CARDBACK NUMBER

鮮烈な世界デビューを果たした
17歳の逸材。
~ウィンブルドンJr.で41年ぶり快挙~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2010/07/20 06:00

鮮烈な世界デビューを果たした17歳の逸材。~ウィンブルドンJr.で41年ぶり快挙~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

石津は決勝で敗れたものの、182cmのプリスコバ相手に内容では互角以上の接戦を演じた

 17歳、石津幸恵の鮮烈な“世界デビュー”だった。ウィンブルドンジュニアで、日本選手では1969年の沢松和子以来41年ぶりの決勝進出。惜しくも敗れたが、攻撃的なテニスで観客の大声援を浴びた。

 国内では小学生の頃から敵なしの石津。大会開幕時のジュニア世界ランキングでも9位につけていたが、大会が始まるまでは、ほぼ無名だった。しかし、準決勝で地元英国の天才少女ロブソンに快勝すると、注目度は急上昇。試合後は地元の子供たちのサイン攻めにあった。

 決勝でも、身長で18センチ上回るプリスコバ(チェコ)をストロークで押しまくった。内容ではまさっていただけに、ファイナルセット4-2からの逆転負けは残念だったが、彼女の父親でコーチの泰彦さんは「あれは仕方ない。ジュニアではよくあること。かえって、天狗にならなくてよかった」と笑って振り返った。一方、冷や汗をかかされたチェコ選手のコーチは「サーブがよくなればWTA(女子プロツアー)で20位に入れる」と石津を絶賛したという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 474文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯2010 The Final

Sports Graphic Number 758

南アフリカW杯2010
The Final

 

関連記事

石津幸恵

テニスの前後の記事

ページトップ