SCORE CARDBACK NUMBER

福井、土橋、松岡らを育てた柳川の古賀通生さん、逝く。~日本テニス界の礎を猛練習で作った男~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2016/08/13 08:00

福井、土橋、松岡らを育てた柳川の古賀通生さん、逝く。~日本テニス界の礎を猛練習で作った男~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

古賀さんは柳川高校を率いただけでなく、日本テニス協会や高体連の要職も務めてきた。

 柳川高校テニス部監督(のちに総監督)として高校総体団体14連覇を達成、福井烈(JOC常務理事)、松岡修造らトッププロを育てた古賀通生(みちたか)さんが7月、81歳で亡くなった。

 総体初優勝は1967年。創部からわずか5年目の快挙だった。原動力は猛練習。休みは正月だけ。朝練と午後の練習のほかに夜練習があり、終わるのは10時か11時、時には深夜3時に及んだという。

 振り回しという、テニス選手にはおなじみの練習は古賀が考案したとも言われる。野球で言えば千本ノック。矢継ぎ早にボールを送り、コートの端から端に走らせる。息は上がり、足はもつれるが、はいつくばった選手には「起きろ、ここからが本当の練習だ」と叱責が飛ぶ。いつ終わるとも知れぬ、しごきのような練習だ。柳川で野球部を甲子園に導いた古賀は、次は庭球部と意気込み、指導経験のない競技の指導に取り組んだ。バレーボールの“鬼の大松”大松博文監督の指導も参考に、ほぼ自己流で選手を鍛えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 504文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園 最強打者伝説。

Sports Graphic Number 908・909・910

甲子園 最強打者伝説。

 

柳川高校
福井烈
松岡修造
古賀通生

テニスの前後の記事

ページトップ