フットボール“新語録”BACK NUMBER

中央突破はサイド攻撃の4倍効率的!?
ドイツ協会が考える戦術のトレンド。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/11/10 10:40

中央突破はサイド攻撃の4倍効率的!?ドイツ協会が考える戦術のトレンド。<Number Web> photograph by Getty Images

W杯で優勝したドイツ代表は、試合中にもシステムを流動的に変化させ、選手たちもスムーズに適応した。相手や状況に応じてスタイルを変えられることは、強さに安定感をもたらす。

中央突破とサイド攻撃の中にも、細かなトレンドが。

 ザックジャパンは昨年10月の東欧遠征で、本田圭佑と遠藤保仁が中央突破への取り組みを訴えたが、結局却下されてしまった。これまたタラレバになるが、中央突破をうやむやにしてしまったことは、大会のトレンドを見ると痛恨だった。

 同誌はさらに具体的な攻撃をクローズアップし、大会中に見られた中央突破とサイド攻撃のトレンドを図解した。

 ざっとあげると、中央突破が「センターバックとサイドバックの間を狙うスルーパス、およびフリーランニング」、「斜めに走り込んでFWとのワンツーによるシュート」。

 サイド攻撃が「クロスに対してファーサイドから斜めに走り込む」、「ワンツーによってサイドの奥深くをえぐる」、「中盤からサイドに展開して素早くアーリークロスをあげる」といった感じだ。

 日本のコートジボワール戦で喫した逆転弾は、まさにアーリークロスからだった。同誌では、日本守備陣がジェルビーニョに対応できなかったシーンが連続写真で説明されていた。

 トレンドを追ったから勝てるわけではないが、いろいろなチームを評価するうえでの基準になる。アギーレ監督の手腕を分析する一助になるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ