メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

岡田彰布が語る巨人との最終決戦。
「シリーズ男、うーん、おらんなあ」 

text by

岡田彰布

岡田彰布Akinobu Okada

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/10/16 16:30

岡田彰布が語る巨人との最終決戦。「シリーズ男、うーん、おらんなあ」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

「野球の神髄~岡田彰布の直言~」、配信は隔週金曜日の予定です。

伝説の名将が最新の阪神、プロ野球事情を語りたおす
メルマガ「野球の神髄~岡田彰布の直言~」
最新号の中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

◆………………………………………………………………………………………◆
  今週の目次
◆………………………………………………………………………………………◆

 【1】 阪神、広島を撃破してCS1stステージ突破!
          ~巨人との最終決戦をどう戦うべきか~

 【2】 “JFK”の一角、久保田智之投手が現役引退。
          ~「岡田阪神を支えた「勝利の方程式」~

 【3】 読者の質問に「そら答えるよ」。
          ~岡田彰布のズバリ回答~


……………………………………………………………………………………………
【1】 阪神、広島を撃破してCS1stステージ突破!
          ~巨人との最終決戦をどう戦うべきか~
……………………………………………………………………………………………

──阪神がCSの1stステージを突破して巨人との対決ですが、攻略のカギはどこにあるでしょう?

岡田:そら打線やろな。今年の巨人は接戦になったら、ホンマに強い。原監督の采配で接戦をモノにして勝ってきたようなもんやからなあ。打撃戦いうたらアレやけど、阪神はとにかく打ち崩さないとアカン。広島戦のようなロースコアの展開だと、巨人にやられるよ。

──球場が東京ドームですから、ホームラン攻勢の空中戦になる展開も十分ありえますが、広島戦を見る限り、ちょっと心配ですよね。湿った打線を上向かせる方策ってあるんでしょうか?

岡田:いや、ここまできたら、そんなもんないよ。あったら、どのチームもやってるわ(笑)。まあ、広島戦で各選手は反省点いうか、修正すべき点もわかっただろうし、リーグ戦と違って、CSは一発勝負みたいなもんやろ。当然、気持ちの乗り方は違ってくるし、切り替えは問題ないよ。

「3つ勝てばいい巨人には、菅野離脱のマイナスは関係ない」

──巨人は菅野智之投手が右ヒジ靱帯の部分損傷で、ポストシーズンの登板は絶望的と見られています。阪神にとっては有利ですよね。

岡田:そら巨人にとっては痛いけど、巨人にはアドバンテージが1勝ぶんあるから、3つ勝てばいい。戦力落ちるいうても、あんまり関係ないと思うよ。今いる投手陣をつぎ込めば、十分乗り切れる。

──夏場に調子を落とした西村、山口、マシソンの「勝利の方程式」も復調しましたしね。ところでポストシーズンにはキーマンとなる「シリーズ男」の存在が重要ですが、広島戦ではそのような存在は見当たりましたか? 終盤戦から福留が好調で、初戦は決勝点となるホームランも打ちましたが……。

岡田:うーん……オレから見たら、おらんなあ。

──では期待したい選手は? 西岡も復帰してきました。

岡田:そら大活躍する選手が出てくるのに越したことはないけど、ひとりのキーマンでどうなるもんと違うで。やはり短期決戦は総力戦や。ギリギリの戦いを全員で凌いでいくような、厳しいゲームになるやろね。

──我々ファンとしてはシビれる展開を期待したいところですが、岡田さんの予想はズバリ巨人と阪神、どちらが勝ち上がるでしょう?

岡田:うーん……そんなもん、わかるかいな(苦笑)。勝負は蓋を開けてみないと、分からん。そういうもんやんか。

◇   ◇   ◇

他にも、JFKの一角として岡田阪神を支えた久保田智之の思い出を語ります。
この続きは、メルマガNumber「野球の神髄~岡田彰布の直言~」
ぜひお読みください。

野球の神髄 ~岡田彰布の直言~
岡田彰布
読売ジャイアンツ
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ