F1ピットストップBACK NUMBER

雨の鈴鹿、悲劇はなぜ起きたか。
ビアンキの無事を総力で祈るF1界。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2014/10/07 11:20

雨の鈴鹿、悲劇はなぜ起きたか。ビアンキの無事を総力で祈るF1界。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

日本GPで優勝を果たし、ニコ・ロズベルグを抜いて首位にたったルイス・ハミルトン。表彰台上には賑やかな雰囲気が無く、驚くほど陰鬱だった。ジュール・ビアンキの無事が祈られる。

マンセル、ラウダの心中はいかほどか……。

 その3人に表彰式でインタビューしていたナイジェル・マンセルも、思いは同じだった。

 マンセルは20年前の'94年、その年のサンマリノGPで事故死したアイルトン・セナの代役として、日本GPに出場していた。あの年も鈴鹿は激しい雨が降る中で行なわれた。

 レースは一時中断し、2ヒート制が敷かれた。そのような悪コンディション下でも、マンセルは最後までジャン・アレジと激しく表彰台を争い、最終ラップにアレジをオーバーテイクして3番手でチェッカーフラッグを受ける熱い走りを披露した。ただし、2ヒート合算のタイムではアレジに及ばず、4位に終わった。そして、それがマンセルの鈴鹿でのベストリザルトとなった。雨の中、命を賭けて戦ったマンセルもきっと心の中で、ビアンキを讃えていたと思う。

 この4人による表彰式を表彰台の下から複雑な思いで見つめていたのが、ニキ・ラウダだった。日本で初めてのF1となった、富士スピードウェイで開催された'76年のF1世界選手権イン・ジャパン。ラウダはそのレースにタイトルをかけて臨みながら、大雨に見舞われたためにフォーメーションラップで、自らの判断でピットインしリタイア、タイトルを逃している。あのときもスタートは午後3時すぎ。観客動員数は今年と同じ7万2000人だった。

 しかし、ラウダにはこんな記憶もある。それは、同じ年にニュルブルクリンクで行なわれた雨のドイツGPで瀕死の重傷を負った経験だ。だからこそ、ラウダもまた、心の中でビアンキにエールを送っていることだろう。

「私も絶望の縁から帰ってきた。君の日本GPはまだ終わっていない。早くピットに帰って来い」と。

関連記事

BACK 1 2 3
フェルナンド・アロンソ
ニコ・ロズベルグ
ルイス・ハミルトン
ジュール・ビアンキ
セバスチャン・ベッテル
ナイジェル・マンセル
ニキ・ラウダ
エイドリアン・スーティル
小林可夢偉

F1の前後の記事

ページトップ