SCORE CARDBACK NUMBER

ビアンキの不運な事故前に見逃された2つの“警告”。
~雨の鈴鹿、高まっていたリスク~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/18 10:30

ビアンキの不運な事故前に見逃された2つの“警告”。~雨の鈴鹿、高まっていたリスク~<Number Web> photograph by Getty Images

2年目の今季、ビアンキはモナコGPで9位に入賞しチーム史上初のポイントを獲得した。

 鈴鹿でのビアンキ(マルシャ)の事故で、20年前を思い出さずにはいられなかった。秋雨のなか、'94年の日本GPは序盤からクラッシュが発生。13周目にはS字を上りきった左コーナー出口で1台がスピンすると、その事故処理作業中にもう1台がスピンした。この時はコースマーシャルが重傷を負い、レースは赤旗中断の後、2ヒート制ルールでようやく終わった。1時間55分53秒532。鈴鹿F1史上『最も長い日』だった。

 今年の鈴鹿でも、接近する台風18号がもたらす雨が朝方から降り続いていた。今季初めてのフルウェットコンディション。今のドライバーたちは、誰ひとり鈴鹿でのウェットレース経験が無い(最近のウェットは'10年土曜のフリー走行)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

レジェンドが語る 愛と憎しみのクラシコ。

関連記事

ジュール・ビアンキ

F1の前後の記事

ページトップ