SCORE CARDBACK NUMBER

トンプソンが掴んだ、“世界で戦える”手ごたえ。
~NBA屈指のガードが秘める野心~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/04 10:30

トンプソンが掴んだ、“世界で戦える”手ごたえ。~NBA屈指のガードが秘める野心~<Number Web> photograph by Getty Images

FIBAワールドカップ準々決勝スロベニア戦では、アメリカチームトップの20得点を記録。

 こう言っては何だが、顔に似合わず自信家だ。ゴールデンステイト・ウォリアーズの若手ガードで、先日スペインで行われたFIBAワールドカップではアメリカ代表の一員として優勝に貢献したクレイ・トンプソンのことだ。

 一見おとなしそうな風貌なのだが、その淡々とした表情の裏では、世界中の誰にも負けないという自信と闘志を持っている。「選手なら高いところに目標を置くべき。成功したければ、自分こそ最高の選手だと思って当然だ」と言う。

 そんな彼に大きな影響を与えているのが、元NBA選手だった父、マイケル・トンプソンだ。歯に衣着せぬ物言いで、ロサンゼルス・レイカーズのラジオ解説やスポーツトーク番組のキャスターをしている。その父は、クレイはリーグ最高の“ツーウェイ”・シューティングガードだと断言する。“ツーウェイ”、つまり攻守両方に秀でた選手、という意味だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 514文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

内田篤人と本田圭佑に問う。~日本代表の理想と現実~

関連記事

ゴールデンステイト・ウォリアーズ
マイケル・トンプソン
クレイ・トンプソン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ