サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

“アギーレ通”が2試合を徹底解説。
安永聡太郎が語る「らしさ」と「疑問」。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/09/12 16:30

“アギーレ通”が2試合を徹底解説。安永聡太郎が語る「らしさ」と「疑問」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

クラブ、代表の監督として様々な「ミッション」を成し遂げてきたアギーレ監督。日本サッカー界に、彼はどんな足跡を残すのだろうか。

協会は、どんなタスクをアギーレに託したのか。

――ザッケローニは日本のスピードとテクニック、組織性を活かしたパスワークを軸に攻撃を志向した監督でした。彼とは違う路線で進んでいくのは間違いなさそうですね。それが日本サッカーにどんな影響をもたらしてくるんでしょうね。

「前任者のザッケローニさんと路線が違うということはハッキリ言えるんじゃないでしょうか。それで言うなら僕が知りたいと思うのは、日本サッカー協会がどんなタスクをアギーレさんにお願いしているか、ですね」

――「戦えるチーム」や「攻撃的、組織的な守備力」などいろいろとキーワードはあがっていますが、それを日本のスタイルづくりにどうつなげていきたいのか、それともW杯の結果を重視してのことなのか、具体的なタスクについてははっきりと伝わってきていません。「W杯に出場する」ということまではアギーレの口から出ていますけど、やっぱり先のビジョンが知りたいですね。

「これは批判とかそういう意味じゃなくて、アギーレさんに対するタスクが分かれば、そのことに対して周りがしっかりと評価できるんじゃないかって、個人的には思うんです。日本サッカーが成長していくためには、それも大切なことなんじゃないかな、と。

 アギーレさんはこれまで目標をこなしてきたプロフェッショナルな監督さんですから、彼がどんなタスクを請け負って、どうやろうとしているかは凄く興味がありますね。

 日本サッカーの方向性を示すのが日本代表。僕も指導者を目指してやっていますし、これからもアギーレさんのチームづくりというものを見ていきたいなと思っています」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ハビエル・アギーレ
安永聡太郎
皆川佑介
柴崎岳
坂井達弥
森重真人
吉田麻也
細貝萌

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ