Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<番記者が明かすスペイン時代>
「“まずは頭の中。その次に足下”それがアギーレのスタイルだ」――『マルカ』紙記者/フアン・カストロ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/11 11:00

<番記者が明かすスペイン時代>「“まずは頭の中。その次に足下”それがアギーレのスタイルだ」――『マルカ』紙記者/フアン・カストロ<Number Web> photograph by AFLO
リーガで弱小クラブを率い残留させ、CL出場も果たしたアギーレはその経験を元に、日本をどう導いていくのか。彼を最も良く知る記者が、彼のチーム作りの哲学を紐解く。

 私がハビエル・アギーレと出会ったのは、今から13年前のことになる。

 2001年にコロンビアで行なわれたコパ・アメリカを、私はマルカ紙の特派員として現地で取材していた。その当時、メキシコ代表の監督を務めていたのがアギーレだった。

 初めてのインタビューはカリで行なった。彼のオープンで親しみやすい人間性に惹かれたことを覚えている。彼は人を惹き付けるものを持っていて、そのパーソナリティは、監督としての持ち味のひとつでもある。

 私のアギーレ・インタビューは、やがて紙面に掲載された。内容はメキシコ代表と彼のサッカー観に関するものだった。それを見たのがオサスナのパチ・イスコ会長で、彼はアギーレに興味を持ちコンタクトを図った。そして次の年から、アギーレはオサスナで指揮を執ることになった。今も冗談まじりでこう言われる。

「君がいなければオサスナに行くことはなかったし、スペインで長く指揮を執ることもなかった。感謝しないとな」と。

 彼の監督としての能力が証明されたのは、そのオサスナでのことだ。

 アギーレが来る前のシーズンのオサスナは、20チーム中17位でシーズンを終え、ギリギリで残留を決めていた。そんな残留争いの常連のチームを、彼はどうにか変えようとした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1807文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー再生計画。

Sports Graphic Number 860

日本サッカー再生計画。

 

ハビエル・アギーレ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ