Jをめぐる冒険BACK NUMBER

勝ち点53からJ1残留へ目標を変更。
迷走大宮のフロント力を問う。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/09/06 10:40

勝ち点53からJ1残留へ目標を変更。迷走大宮のフロント力を問う。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

目標を勝ち点53から残留に変更したことを示す大宮サポーターのフラッグ。奇跡的な残留を何度も実現したクラブは、今年も生き残ることができるのか。

選手、監督の成長にフロントも続け。

 日本代表クラスの選手が次々と海外でチャレンジするようになった今、J1の各チームの戦力の差は明らかに縮まっていて、それがここ数年の混戦を生んでいる。

 どのチームにも優勝するチャンスがある一方で、どこがJ2に降格しても不思議はない。そんな時代にチームの明暗を分けるのは、戦力の差ではなく指導力の差、あるいは、監督を選ぶフロントの差だと言っていい。

 Jリーグが誕生して21年が経ち、選手の成長は目覚ましいものがある。

 指導者にも風間八宏監督、曹貴裁監督、城福浩監督、森保一監督、吉武博文監督というように、独自のカラーを持ち、志の高い指導者も増えてきた。もっと若い世代に目を向ければ、単身で海外にわたり、勉強している指導者もいる。

 では、フロントは?

 指揮官や選手を選ぶGMや強化部長が本当のプロフェッショナルでなければ、チームが安定した戦いを続けていくことはできない。選手と監督は真のプロになってきた。この先求められるのは、フロントが本物のプロになることだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大宮アルディージャ
大熊清
家長昭博
増田誓志
中村北斗
森田浩史

Jリーグの前後の記事

ページトップ