SCORE CARDBACK NUMBER

惚れ惚れするGKのプレーが暗に示唆する「世界との差」。
~Jに西川を脅かす存在はいるか~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/09/07 10:30

惚れ惚れするGKのプレーが暗に示唆する「世界との差」。~Jに西川を脅かす存在はいるか~<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

西川を中心に、今季はJ1新記録の7試合連続無失点も達成した浦和。リーグ戦8年ぶりの戴冠なるか。

 西川周作がJリーグのナンバーワンGKであることに異論を挟む人は、恐らく少数派に違いない。シュートストップはもちろんだが、足下の技術の高さも併せて考えると他を圧倒している。

 J1第19節、川崎対浦和の試合では、西川のロングフィードが右サイドのスペースに走りこんだ関口訓充に通り、そこから李忠成のヘディングシュートにつながる場面があった。得点にはならなかったが、実に鮮やかな展開だった。

 何より素晴らしかったのは、西川の時間の作り方とキックの精度である。

 西川は受けたボールを慌てて蹴り出すことなく、自ら前方のスペースへ持ち出してタメを作り、「DFが中央のチュンくん(李)に引っ張られたので」空いた右サイドへ正確なパスを送った。最後のシュートが決まっていれば、GKを起点としたスーパーゴールだったと思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 546文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

浦和レッズ
西川周作
マヌエル・ノイアー

Jリーグの前後のコラム

ページトップ