SCORE CARDBACK NUMBER

村田諒太の前途を阻む、カザフスタンの実力者。
~ミドル級最強の敵・ゴロフキン~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2014/09/04 10:00

村田諒太の前途を阻む、カザフスタンの実力者。~ミドル級最強の敵・ゴロフキン~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

7月にニューヨークで行われた11度目の防衛戦では、強豪ゲールを3回TKOで一蹴した。

 以前この欄で、村田諒太の将来性についてこう書いた。「これほどの才能・環境に恵まれていてなお、『世界王者になれる』と断言できないのは、ミドル級の王者たちが桁外れに強いからだ」と。

 現在そのミドル級王者の中でも最強と目されるのは、WBAの「スーパー王者」に格上げされたゲンナジー・ゴロフキンである。カザフスタン生まれの32歳、これまでに残した数字だけでもその強さの一端は窺える。プロ転向後30戦全勝、27KO。'10年のWBA世界王座獲得以来、11度の防衛戦をすべてKO、TKOで挑戦者を撃退。この中には淵上誠と石田順裕の2人の日本選手も含まれる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 653文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー再生計画。

Sports Graphic Number 860

日本サッカー再生計画。

 

関連記事

村田諒太
ゲンナジー・ゴロフキン

ボクシングの前後の記事

ページトップ