SCORE CARDBACK NUMBER

最激戦区で世界を狙う村田諒太の多彩な“武器”。
~プロ4戦目KO劇を生んだ探究心~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2014/06/17 10:00

最激戦区で世界を狙う村田諒太の多彩な“武器”。~プロ4戦目KO劇を生んだ探究心~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

村田の第5戦は初秋に、そして年末にはいよいよ世界ランカーとの第6戦を予定している。

 ミドル級金メダリストからプロ転向した村田諒太が、「自分のボクシングの原点」という京都のリングでメキシコのヘスス・アンヘル・ネリオを6回に倒し、KO勝ちをマークした。

「(観客に)少しフラストレーションを与えてしまった」と本人も反省したように、倒しにくい相手という前評判のネリオに会心のヒットを決められず、判定までもつれそうな展開だった。それでも積極的に攻め続け、最後は得意の右ストレートを多用する猛攻でネリオの戦意を削ぎ、KOに繋げたのは村田らしい。

 これで4戦全KO勝ち。マッチメークを担当する帝拳ジムの本田明彦プロモーターによると、早ければ来年中にも世界王座に挑戦する計画があるという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 612文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ブラジルW杯直前特集> 日本代表23人に問う。

Sports Graphic Number 854・855・856

<ブラジルW杯直前特集> 日本代表23人に問う。

 

関連記事

村田諒太
ヘスス・アンヘル・ネリオ

ボクシングの前後の記事

ページトップ