SCORE CARDBACK NUMBER

同郷の辰吉に続け! “つっぱり”和氣慎吾。
~雑草魂と「華」が備わる27歳~
 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2014/08/03 10:30

同郷の辰吉に続け! “つっぱり”和氣慎吾。~雑草魂と「華」が備わる27歳~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

試合を観た鬼塚は「くせ者を仕留めたのはさすが。和氣は十分に世界レベル」とコメント。

 岡山出身のリングのヒーローと言えば、まず“浪速のジョー”辰吉丈一郎と、ロンドン五輪銅メダルの清水聡が思い浮かぶが、これに続く逸材としていま注目されるのが和氣(わけ)慎吾だ。リーゼントヘアーのつっぱりキャラで売り出し、試合内容でも評価をアップさせつつある。

 27歳の誕生日と重なった7月21日、郷里岡山市での東洋太平洋スーパーバンタム級王座防衛戦。長身サウスポーは、韓国からやってきた挑戦者李ジェーソンにやや手こずらされた。それでも9回に得意の左ストレートを決め挑戦者をリング外に叩き出すと、勝機を逃さず、次の回に猛攻してレフェリー・ストップ勝ちした。これで4度の防衛戦すべて規定回内で片付けた。「気持ちの強い相手でキツい試合だった。でもすんなり勝ってたら、世界挑戦で苦労するでしょうから」と、苦戦を前向きに捉えるのが和氣流だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

真夏の絆。~甲子園熱球白書~

Sports Graphic Number 858

真夏の絆。
~甲子園熱球白書~

 

関連記事

和氣慎吾
鬼塚勝也
辰吉丈一郎
古口哲
小國以載

ボクシングの前後の記事

ページトップ