スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

9月の直線と再生工場。
~マリナーズ、PO進出なるか~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/08/30 10:40

9月の直線と再生工場。~マリナーズ、PO進出なるか~<Number Web> photograph by Getty Images

メジャートップの防御率を誇るマリナーズ投手陣の中心として活躍する岩隈久志。与四球の少なさは特筆に価する。

「再生工場」マリナーズに一票を。

 知名度はそろって低い。バイメルがメジャーで投げるのは3年ぶりだし、ウィルヘルムセンに至っては、'03年にプロ入り(ブルワーズと契約)したもののマリワナ吸引で1年間の出場停止処分を受けてみずから球界を去り、5年間もバーテンダーをしていた過去がある。

 彼に復活のチャンスを与えたのは、マリナーズのGMジャック・ズレンシック(かつてブルワーズのスカウト部長だった)だ。ウィルヘルムセンは肩の故障を克服し、今季これまで46試合に投げてWHIP=1.01、被打率=1割6分5厘の堂々たる成績を残している。

 とまあそんなわけで、「再生工場」マリナーズは、虎視眈々とプレーオフ進出をうかがう。タイガースやヤンキースとの差は紙一重だが、私としては捨て身の投高打低を推進するマリナーズに一票を投じたい気分になっている。進出が決まれば、2001年以来の快挙だ。あれは、「新人」イチローがア・リーグ首位打者とMVPに輝いた年だった。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
シアトル・マリナーズ
岩隈久志
フェリックス・ヘルナンデス

MLBの前後の記事

ページトップ