SCORE CARDBACK NUMBER

ヤンキースが検討する「先発6人制」の現実味。
~田中の故障、ダルの提言を契機に~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/06 10:30

ヤンキースが検討する「先発6人制」の現実味。~田中の故障、ダルの提言を契機に~<Number Web> photograph by AFLO

7月に戦線離脱した田中将大は8月下旬に投球練習を再開。今シーズン中の復帰を目指している。

 米球界で頻出する投手の故障問題が話題を集める中、プレーオフ争いの佳境を迎えるヤンキースが、先発ローテーションを6人に増やす可能性が高まってきた。現段階で、ジラルディ監督をはじめ球団トップは明言していないものの、既に具体的な検討を開始。右肘痛で故障者リスト入りしている田中将大が復帰する場合、20日間で21試合が予定される9月9日以降を「6人制」で乗り切るプランが、現実味を帯びてきた。

 キッカケは、7月14日、オールスターの前日会見で、レンジャーズのダルビッシュが提言した「中4日限界説」だった。現役トップクラスの選手の持論には説得力があり、米国メディアも次々に話題として取り上げ、一気に波紋は広がった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ニューヨーク・ヤンキース
田中将大
ダルビッシュ有
テキサス・レンジャーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ