ブラジルW杯通信BACK NUMBER

W杯最大の衝撃、ハメス・ロドリゲス。
ネイマールとの「22歳の10番」対決へ。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/02 11:40

W杯最大の衝撃、ハメス・ロドリゲス。ネイマールとの「22歳の10番」対決へ。<Number Web> photograph by Getty Images

聖地マラカナンで2ゴールを決めたハメス・ロドリゲスは「ずっとマラカナンで点を取りたいと思っていた。そして今日、それが実現したんだ」と満足のコメント。

 ブラジルW杯のベスト8が出そろった。決勝トーナメント1回戦ではグループリーグ1位通過の国(ブラジル、コロンビア、オランダ、コスタリカ、フランス、ドイツ、アルゼンチン、ベルギー)がすべて勝ち、グループリーグの勢いがそのまま続いているという様相。ただし、8試合中5試合が延長戦、その内2試合がPK戦というもつれた内容で、優勝候補のブラジル、ドイツ、アルゼンチンはいずれも延長戦の末に勝利するという、薄氷を踏みながらのベスト8進出となっている。

 そんな中、早くも「ブラジルW杯の顔はこの男で決まりだ」とまで言われている選手がいる。4大会ぶり5度目のW杯出場で同国史上初のベスト8入りを決めているコロンビアの新星、ハメス・ロドリゲスだ。

ネイマール、メッシを抑えて得点王争いトップを走る。

 フランスリーグのモナコからブラジルに乗り込んだ22歳の司令塔は、ここまでの4試合全てでゴールを決め、計5得点の大活躍。得点王候補であるネイマール(ブラジル)、リオネル・メッシ(アルゼンチン)、トーマス・ミュラー(ドイツ=前回得点王)の4得点を抑えて得点ランキングトップに立っている。

 ハメス・ロドリゲスの名を世界中に知らしめたのは6月28日、マラカナンで行なわれた決勝トーナメント1回戦のウルグアイ戦だった。噛みつき行為で9試合の出場停止処分を下されたルイス・スアレスを欠くウルグアイは、5バック気味に守備ブロックを敷き、網にかかったところからカウンター攻撃を仕掛けようという作戦。元来、カウンター型であるコロンビアはボールを持たされる格好になり、前半20分に出たスタッツではコロンビアのボールポゼッションが70%となっていた。

 地力で勝るコロンビアだが、じりじりするような展開。ところが前半28分、ウルグアイのクリアが小さくなった一瞬、エネルギーを爆発させたのがロドリゲスだった。

【次ページ】 マラカナンをどよめきで包んだ一撃。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ネイマール
リオネル・メッシ
トーマス・ミュラー
ファン・クアドラド
ホセ・ペケルマン
オスカル・タバレス
ハメス・ロドリゲス
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ