SCORE CARDBACK NUMBER

非伝統校も気を吐く、北関東の充実ぶり。
~甲子園での活躍を生む理由~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/06/21 10:30

非伝統校も気を吐く、北関東の充実ぶり。~甲子園での活躍を生む理由~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

これまで高校通算21本塁打を放っている樹徳の野平大樹。夏の甲子園でも爆発できるか。

 高校野球の勢力図で最も顕著な変化といえば、“北関東の充実”が挙げられるだろう。昨年夏の甲子園大会で、前橋育英が群馬勢としては'99年の桐生第一以来14年ぶりの優勝を遂げている。

 これが唐突なことに思えないのは'99年の桐生第一の優勝の後、群馬県勢は夏の甲子園を17勝13敗と勝ち越しているからだ。近年では'12年春の健大高崎が4強、'14年春の桐生第一が8強と甲子園での躍進が続いている。

 群馬だけではない。栃木勢は作新学院が'11年夏4強、'12年夏8強、佐野日大が'14年春4強、茨城勢は常総学院が'13年夏に8強進出と強さを発揮している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 633文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甦れ、日本代表。

Sports Graphic Number 2014/6/25臨時増刊

甦れ、日本代表。

 

関連記事

高橋光成
野平大樹
前橋育英高校
桐生第一高校
常総学院高校
樹徳高校
作新学院高校

高校野球の前後の記事

ページトップ