スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

田中、ダルビッシュ、岩隈、松坂。
4人の日米成績比較から見えるもの。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/14 10:40

田中、ダルビッシュ、岩隈、松坂。4人の日米成績比較から見えるもの。<Number Web> photograph by Getty Images

メジャーでは珍しく、感情をむき出しにして投げる田中将大。その圧倒的なエネルギー量は日本時代のままだ。

4人の日本時代の成績を並べてみると……?

 さて、2日間に先発した松坂、岩隈、ダルビッシュ、田中という4人の投手の日本時代の成績を比べてみた。

 AからDの投手が誰か、分かるだろうか?

●A
勝敗  108勝60敗
防御率 2.95
奪三振 1355個

●B
勝敗  107勝69敗
防御率 3.25
奪三振 1175個

●C
勝敗  93勝38敗
防御率 1.99
奪三振 1250個

●D
勝敗  99勝35敗
防御率 2.30
奪三振 1238個

 各カテゴリーで似通った数字が出ているのが興味深い。

 ちなみにAとDの両投手は甲子園の優勝投手であり、Cは甲子園の準優勝経験がある……ということで――。

A 松坂
B 岩隈
C ダルビッシュ
D 田中

 となる。

 実働年数が松坂は8年、岩隈は11年、ダルビッシュと田中はともに7年だから、一概には比較できないが、さすがに球界を代表するエースだったことはある。

【次ページ】 4人の渡米以降の成績は?

BACK 1 2 3 NEXT
ニューヨーク・ヤンキース
田中将大
岩隈久志
ダルビッシュ有
テキサス・レンジャーズ
シアトル・マリナーズ
松坂大輔
ニューヨーク・メッツ

MLBの前後の記事

ページトップ