SCORE CARDBACK NUMBER

「トミー・ジョン手術」を受ける若手が増えている理由。
~MLB全投手の約3割が経験者に?~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/06/12 10:30

「トミー・ジョン手術」を受ける若手が増えている理由。~MLB全投手の約3割が経験者に?~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

昨季のオールスターでナ・リーグ先発投手を務めたマット・ハービーも現在リハビリ中だ。

「肩、肘は消耗品」という考えが定着している米国で、球数問題が論議を呼ぶ「事件」が起こった。ワシントン州の高校生が5月13日、延長15回途中まで194球を投げたことが明らかになった。この情報に対し、2012年にサイ・ヤング賞を獲得したレイズのデビッド・プライスが、自身のツイッターを通して「指導者を辞めさせるべき」とコメントしたことが話題を集めたのだ。

 ここ数年、メジャーでは「トミー・ジョン手術」と呼ばれる肘腱移植手術を受ける選手が激増している。しかも、長年酷使され続けたベテランだけでなく、デビュー間もない若手選手に故障者が続出している点が、これまでと違う。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

デビッド・プライス
ジョン・ラッキー

MLBの前後のコラム

ページトップ