日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

1本の縦パスが見せた日本の底力。
青山から大久保、控え組の“役割”。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/11 10:40

1本の縦パスが見せた日本の底力。青山から大久保、控え組の“役割”。<Number Web> photograph by Getty Images

ザンビア戦ではファーストタッチで貴重な勝ち越しゴールのアシストとなるロングパスをぴたりと通した青山敏弘。長谷部、遠藤、山口の誰とも異なるその特性はW杯本大会でも生きるか。

W杯で日本の「総力」を見せてくれるはずだ。

 キプロス戦、コスタリカ戦ともに出番がなかったものの、ようやくザンビア戦で後半33分から途中出場を果たしている。試合では持ち味のドリブルで仕掛けていく場面も訪れず、消化不良に終わってしまった。しかし彼は試合で感じたことを早速、トレーニングのなかに落とし込もうとしていた。

「飛び出していくことは意識しています。(きょうの練習で)もうちょっといけるなってところが何回かあったんで、そこはつかんでいきたい。試合でアピールできなかった分もあるし、練習からしっかり自分のプレーを見せていければと思っています」

 ザンビア戦で結果を出せた、出せなかったにかかわらず、控えメンバーたちが主力に負けず劣らずのモチベーションを抱き、自分に課せられた役割を果たせるようその努力を日々続けている。

 コートジボワール戦まであとわずか。

 待ち受けているこの厳しい戦いを、ザックジャパンはきっと「総力」で乗り越えてくれるはずだと信じている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
青山敏弘
アルベルト・ザッケローニ
大久保嘉人
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ