スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

急造投手と観客の喝采。
~イチロー初登板への期待の眼~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/05/24 10:30

急造投手と観客の喝采。~イチロー初登板への期待の眼~<Number Web> photograph by Kyodo News

1996年球宴で登板したイチロー。メジャーでマウンドに立つ姿も見てみたいが果たして。

マリナーズ時代、イチローは登板志願したことも。

 そういえば彼は、マリナーズ時代の'03年4月、対レンジャーズ戦が延長13回に入っても決着がつかず、ブルペンが空になりかけたとき、ライトの守備位置で肩ならしをはじめたことがある。もちろん、監督のボブ・メルヴィンは「至宝イチロー」の登板を許さなかったし、試合も13回裏、ブレット・ブーンの一発でマリナーズの勝利に終わっている。

 彼らふたり以外で面白そうなのは、ハンター・ペンス(ジャイアンツ)とホセ・アルトゥーベ(アストロズ)だろうか。ペンスの外野からの送球は見ていて楽しいし、身長165センチと小柄な内野手のアルトゥーベは、敏捷なだけでなく、併殺プレーなどで眼をみはる強肩を披露することがある。もし彼が投げたら、ボビー・シャンツ(167センチ、'52年のア・リーグMVP)やダニー・ヘレラ(やはり167センチ)の名前が話題にのぼると思う。トリヴィアの見本のような話だが、これも大リーグの楽しみだ。「二刀流」で話題を呼んでいる大谷翔平がメジャー入りしたら、どんな反応が起こるだろうか。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
イチロー
ニューヨーク・ヤンキース
ジェフ・フランコーア

MLBの前後の記事

ページトップ