SCORE CARDBACK NUMBER

復帰登板で見事に勝利。岩隈を支える自信と意地。
~田中将大の存在に刺激されて~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/05/20 10:00

復帰登板で見事に勝利。岩隈を支える自信と意地。~田中将大の存在に刺激されて~<Number Web> photograph by AFLO

メジャー移籍後、先発での通算防御率は2.72。首脳陣からの信頼も厚い。

 右手中指の負傷で出遅れていたマリナーズの岩隈久志が、初先発した5月3日のアストロズ戦で今季初勝利を挙げた。7回途中まで4失点ながら、要した球数はわずか81球。快調なテンポでアウトを重ねる投球は、開幕から1カ月遅れたブランクを感じさせなかった。

「やっと戻ってこられた、という気持ち。すごくホッとしています」

 今年1月の自主トレ中、右手中指を痛めた。その後、キャンプインしても痛みが引かず、投球練習を完全休止。オープン戦開始後もノースローで治療に専念した。ただ、「1日でも早く投げたい」と話す一方で、焦りはなかった。メジャー2年目の昨季は、開幕から先発ローテーションを守り、33試合で14勝6敗、219回3分の2を投げ、防御率2.66と抜群の成績を残している。サイ・ヤング賞の投票ではシャーザー、ダルビッシュに次ぐ3位に入り、リーグ屈指の投手としての地位を確固たるものにした。体調さえ整えば、結果は付いてくる。過去2年間で得た経験が、確かな自信として、負傷の岩隈を支えたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 446文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯を獲る9つの方法。

Sports Graphic Number 853

W杯を獲る9つの方法。

 

関連記事

岩隈久志
シアトル・マリナーズ
田中将大
ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後の記事

ページトップ