Number on NumberBACK NUMBER

トップ5と代表選考。
~Vリーグ成績で見る女子バレー~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORT

posted2014/05/11 10:30

トップ5と代表選考。~Vリーグ成績で見る女子バレー~<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORT

レギュラーシーズンのサーブレシーブ成功率がトップだった久光製薬の新鍋理沙。これで今シーズン久光製薬は皇后杯との2冠となった。

 Vプレミアリーグ女子は、久光製薬の2連覇で幕を閉じた。

 しかしセミファイナルが終わった時点での、4強の順位はちょっと意外な結果だった。レギュラーシーズンは1位・久光製薬、2位・東レ、3位・岡山、4位・トヨタ車体だったが、セミファイナルラウンドは次のような順位だったのだ。

1位・岡山(2勝1敗)。 2位・久光製薬(2勝1敗)。 3位・トヨタ車体(2勝1敗)。 4位・東レ(0勝3敗)。

 この上位4チームには、現在の日本代表候補選手も、その大半が所属している。セミファイナルの結果を見てもわかるように、Vリーグは全体的に実力が接近している。上位のチームが下位のチームと対戦する試合でも、上位のチームが簡単に得点して大差で勝つことはほとんどない。レギュラーシーズン1位の久光製薬でも全28試合(23勝5敗)で失ったセットが28セットもあった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ローレン・パオリーニ
長岡望悠
江畑幸子
迫田さおり
眞鍋政義
新鍋理沙
岩坂名奈
奥村麻依
石井優希
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ