セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

不倫騒動、そして“遺恨試合”――。
セリエAを騒がせた三角関係の行方。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/04/16 10:30

不倫騒動、そして“遺恨試合”――。セリエAを騒がせた三角関係の行方。<Number Web> photograph by AFLO

イカルディ(左)とマキシ・ロペスの遺恨対決は、2ゴールを決めたイカルディに軍配。

サンプドリアに与えられたPK、蹴るのはマキシ。

 18分、サンプドリアにPKが与えられた。蹴るのはマキシだった。

 左へ蹴ったキックはややコースが甘く、GKハンダノビッチによって阻まれた。世界で最も憎い男に許した先制点を挽回するチャンスに、マキシが緊張していたのは明らかだった。

 2分後には、シミュレーション行為をめぐって両チームの小競り合いが起こり、原因となったMFエデルが退場となった。

 10人となったサンプは、4-4-1の1トップにマキシを残し、反撃をあきらめなかった。前後に分断されながらも、カウンターの体勢に一度入れば、シュートは確実にインテルのゴール枠を捉えた。

 だが、マキシによる32分のシュートを含む3度の絶好機は、GKハンダノビッチによるスーパーセーブで阻まれた。

 DFサムエルが60分に追加点を入れた3分後、インテルは3点目も畳み掛けた。FWパラシオのアシストを拾ったイカルディは、角度のないところから左足で決めた。技ありの一発だった。

 数分の後、盛大なブーイングの中を悠然と歩きながら、イカルディはベンチへ退いた。ベンチへ腰掛けると、2試合連続2得点のストライカーは、美味そうにミネラルウォーターを飲み干した。

10枚のイエローと1枚のレッドカードが飛び交った。

 イカルディが2点目を決めた直後の64分、マキシもエリア外から惜しい右足シュートを放った。だが、ボールは左ポストの根元をわずかに外れた。

 1時間以上、10人で戦い続けたサンプの脚は止まり、踏ん張りきれずにファウルを連発した。

 PKを失敗した後、マキシは努めて表情を押し殺してプレーを続けた。後半は、ほとんどボールをもらえなかった。普通の試合なら、とっくに集中力が途切れている。マキシは黙々と体を張った。

 79分、インテルFWパラシオにダメ押しの4点目を決められた。通算10枚のイエローカードとレッドカード1枚が飛び交った試合で、サンプドリアは0-4の大敗を喫した。

【次ページ】 サッカーは人生と同じで、いつも勧善懲悪とはいかない。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
サンプドリア
インテル
マキシ・ロペス
マウロ・イカルディ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ