詳説日本野球研究BACK NUMBER

「最下位予想」を撤回させる魅力。
新生・西武に見た“上位の法則”。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/04/11 16:30

「最下位予想」を撤回させる魅力。新生・西武に見た“上位の法則”。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

昨シーズンは110打点をあげ、プロ野球最年少タイ(当時23歳)パ打点王に輝いた浅村栄斗。今季は既に2本塁打を放ち(4月8日現在)、中村剛也に代わる4番として西武打線を支える。

 西武打線の顔ぶれが昨年から大きく変わった。ヘルマンがオリックス、片岡治大が巨人に移籍し、主砲の中村剛也は左脇腹痛で出遅れ、私が観た4月8日のソフトバンク戦のスターティングメンバーは次のようなものだった。

[一] 鬼崎裕司 試合105、打率.266(安打72)
[右] 木村文紀 試合11、 打率.214(安打3)
[左] 栗山巧    試合144、打率.279(安打147)、本塁打12、打点73
[二] 浅村栄斗 試合144、打率.317(安打172)、本塁打27、打点110
[中] 秋山翔吾 試合144、打率.270(安打152)、本塁打13、打点58
[三] ランサム  
[指] 大崎雄太朗 試合84、 打率.250(安打46)
[捕] 炭谷銀仁朗 試合141、打率.215(安打89)
[遊] 金子侑司    試合94、 打率.223(安打62)

レギュラー級は4人、開幕前は最下位予想だった。

 名前横に紹介した昨年の成績に注目してほしい。レギュラー級は中軸の3人と捕手の炭谷の4人だけである。私は開幕前のラジオ番組に出演したとき、西武の今季順位を最下位と予想した。過去2年、2位を堅持している安定感から野球評論家の多くは上位と予想しているが、とてもそんな予想を立てられるような状況ではないことは、このスタメンを見ればわかっていただけると思う。

 しかし、4月8日のソフトバンク戦を観て、気が変わった。3-2でリードした9回表、満を持してマウンドに上がった抑え役の十亀剣が2死二塁から松田宣浩に逆転2ランを打たれるという最悪の敗戦だが、内容に見どころがあった。

 5回に先制した場面は1死後、鬼崎が四球で歩いたところからスタートする。木村が三振に倒れて2死になるが栗山が歩いて一、二塁のチャンスを迎える。ソフトバンク先発のスタンリッジからもらったこのチャンスに4番浅村が4球目、134キロのストレート系の変化球をおっつけてライト前に運び、これをライトの長谷川勇也が後逸(記録は三塁打)している間に2者が生還して先制の2点を挙げる。

【次ページ】 昨年、112打数で初球打ちを記録した浅村。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

埼玉西武ライオンズ
十亀剣
鬼崎裕司
木村文紀
栗山巧
浅村栄斗
秋山翔吾
ランサム
大崎雄太朗
銀仁朗(炭谷銀仁朗)
金子侑司

プロ野球の前後のコラム

ページトップ