欧州CL通信BACK NUMBER

香川真司と堅守速攻の意外な相性。
マンUが世界王者バイエルンとドロー。  

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byMan Utd via Getty Images

posted2014/04/02 12:30

香川真司と堅守速攻の意外な相性。マンUが世界王者バイエルンとドロー。 <Number Web> photograph by Man Utd via Getty Images

先制点をあげたビディッチの頭を撫でる香川。セカンドレグはバイエルンのホームだが、2選手(シュバインシュタイガー、ハビ・マルティネス)が出場停止となるので予断を許さない。

この試合に限れば、勝者はマンUなのかもしれない。

 後半29分にはクロースにかえて、ゲッツェを投入。パスを回すよりも、個の力で崩しにかかるが、さすがに16分とロスタイムだけでは時間が足りなかった。

 後半32分に、ゲッツェの落としを受けたロッベンが右足で放ったシュートが左に外れたシーン以外、大きなチャンスは作れないまま。試合は1-1の引き分けで終わった。

 ミュンヘンに舞台を移しての2ndレグでは、0-0であればバイエルンの勝ち抜けが決まる分だけ、彼らに有利だと言えるかもしれないが、そのアドバンテージは些細なもの。少なくともアリアンツ・アレナには、この日オールド・トラッフォードにつめかけたファンが作り出したような熱狂的なサポートはない。

「選手たちは良く戦ってくれた。そして、今夜のファンは素晴らしかった。素晴らしい雰囲気を作り出してくれたのだから」

 モイーズはそう語り、2ndレグに十分にチャンスを残したことを誇らしげに語った。

 対するグアルディオラ監督もまた、前向きだった。

「選手たちには満足しているよ。マンチェスター・ユナイテッドは世界最高のチームの一つなんだ。それを忘れてはいけない。アウェーゴールを奪えたのは大きかったね」

 決勝トーナメントの1stレグという、語ることの難しいこの試合に限れば、勝者はユナイテッドなのかもしれない。

 ピッチの上からエンターテインメント性を排除することで、来週の水曜日に、どちらに転ぶかわからない極上のエンターテインメントを用意したのだから。

関連記事

BACK 1 2 3 4
バイエルン
マンチェスター・ユナイテッド
香川真司
ジョゼップ・グアルディオラ
デイビッド・モイーズ
ウェイン・ルーニー
ネマニャ・ビディッチ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ